素材別 おすすめ三徳包丁

三徳とは3種の食材「肉、魚、野菜」に使える事を意味し、つまり一本でいろんな料理に使える万能包丁です。日本の家庭に広く普及している最も一般的な包丁で、重すぎず大きすぎず使い易いです。しかしその素材によってはかなり特徴が異なりますので、こちらのページでは様々な三徳包丁を素材別にご紹介したいと思います。 お薦めの包丁を中心に取り上げていますので、ご自身の用途に合わせてお選び下さい。

また最後には三徳包丁のルート、歴史についてもご紹介しています。あまり包丁選びの参考にはなりませんが、包丁雑学としてご興味ありましたら是非ご一読頂けたらと思います。

切れ味抜群・青紙スーパーの三徳包丁

様々な素材の中で最も切れ味が良いと言われるのが青紙スーパー。 ステンレスよりもハガネの包丁の方がよく切れるという話は聞かれたことがあるかもしれませんが、そのハガネの中でも最もよく切れるのが青紙スーパーです。(青紙スーパーについてはこちらの特集ページでもご紹介しています

ステンレスではありませんので錆びやすいという欠点もありますが(ハガネの包丁は錆びます)、切れ味重視の方にはこの青紙スーパーの包丁がおすすめです。 

青紙スーパー鋼黒肌 三徳包丁 刃渡り18cm 
価格帯¥15,200~

熱処理で生じた色をそのまま残した人気のモデルです。刃は三層構造で両サイドがステンレスで出来ていますのでその分錆びにくくなっています。


青紙スーパー鋼槌目 三徳包丁 刃渡り18cm
価格帯¥14,200~

峰に施された槌目は見栄えの良さだけでなく食材をくっつきにくくする効果も。こちらの包丁も刃が三層構造で両サイドがステンレスで出来ていますのでその分錆びにくくなっています。

ステンレスでもよく切れる三徳包丁

ステンレスでもよく切れる包丁はあります。 中でもV金10号、スウェーデン鋼、AUS10などの包丁は人気が高く、1万円前後で購入することができます。また粉末ハイス鋼、SPG2粉末鋼といったさらに硬くて切れ味の良いステンレス鋼材もあり、こちらは価格が数倍になります。

青紙スーパーほどではないですが、こういったステンレス包丁の切れ味も充分良いですし、また錆にくいのでお手入れが簡単という点も魅力です。特別な切れ味を求めないのであれば、こちらの包丁で充分よく切れます。

AUS10鋼槌目 切付三徳包丁 刃渡り19cm
価格帯¥12,800~

先が尖った、切付型、剣型とも呼ばれるタイプの三徳包丁です。(三徳のルーツでもある文化包丁とも同じ形)愛知製鋼のAUS10鋼で出来ており良い切れ味です。


粉末ハイス鋼 三徳包丁 刃渡り16.5cm 
価格帯¥29,000~

とても硬く、またよく切れる粉末ハイスの三徳包丁です。このように硬いステンレスは研ぐのが大変なのですが、それでも粉末ハイス鋼というのは拘りユーザーの間で有名で、根強い人気のある硬質ステンレスです。

ハガネ並みの切れ味、銀紙三号

よく切れる”ハガネ”の包丁が欲しいけど錆びるのはやっぱり嫌という方には銀紙三号の包丁がおすすめです。一つ上の段落で「ステンレスでもよく切れる包丁はある」と案内しましたが、それでもハガネの包丁とステンレスの包丁では基本的に”切れ味の質”が違います。ステンレスが滑りやすいのに対しハガネには食材に食い込むような力強い切れ味があります。

銀紙三号はステンレスではありますが、青紙スーパーなどと同じ日立金属で作られていることもあり、ハガネに近い性質をもっています。力強い切れ味がありますし、また研ぎやすいという点でもまたハガネに似ています。ハガネに近いステンレス包丁としては銀紙三号がお薦めです。

銀紙3号鋼 三徳包丁 刃渡り18cm
価格帯¥13,800~

ハガネ並みによく切れる銀紙3号の三徳包丁です。刃の表面には梨地が施され高級感が感じられます。


銀紙3号鋼 和三徳包丁 刃渡り16.5cm 
価格帯¥23,500~

こちらは和包丁タイプの三徳。八角の朴の木柄が付けられています。

よく切れて見た目も美しい、人気のダマスカス包丁

ダマスカス包丁とは、複数の異なる鋼を重ね合わせて作られた積層鋼の包丁の事です。

このような構造になっています。

中心の芯材には上でご紹介したV金10号、スウェーデン鋼、AUS10、粉末ハイス鋼、SPG2粉末鋼などの素材が使われ錆びにくくまた切れ味も良いです。(一部に錆びるハガネで作られたダマスカス包丁もありますが、ほとんどはステンレス素材で作られています)刃に現れる波のような模様が美しく、今一番人気の包丁です。

VG10ダマスカス鋼 三徳包丁 刃渡り18cm
価格帯¥12,500~

積層鋼の刃は厚いと思われるかもしれませんが、こちらの包丁は薄くて軽量。よく切れて使い易いです。


VG10ダマスカス鋼 和三徳包丁 刃渡り16.5cm
価格帯¥18,000~

先が尖ったタイプで、剣型、切付型三徳包丁、文化包丁などとも呼ばれます。ちょっと高級な柄が付けられ、オシャレに仕上がっています。


VG10ダマスカス鋼 三徳包丁 刃渡り17cm
価格帯¥9,000~

中国製のVG10ダマスカス三徳包丁。以前VG10は中国へ輸出されていました。(現在は停止されています)基本的に中国製の包丁はどれも重いです。こちらも200グラム以上あります。ただ造りはしっかりしていて、ハンドルなども良く出来ていています。

昔ながらの手づくり三徳包丁

職人さんが熱したハガネや鉄を叩いて形作る、鍛造と呼ばれる昔ながらの製法で作られた包丁です。主に白紙鋼、青紙鋼などで作られ、切れ味は良いですが錆びやすいという点もあります。 こういったハンドメイドの包丁は使うほどに手に馴染み、また見た目も味わい深く、最近では特に海外のお客様からたくさんのご注文を頂いています。 

白紙鋼 和三徳包丁 刃渡り16cm
価格帯¥11,800~

燕三条の刃物職人、河村さんがほぼ一人で仕上げる手作り包丁。白紙鋼の両サイドをステンレスで挟む三層構造の刃になっています。


青紙鋼 三徳包丁 刃渡り16cm 
価格帯¥16,500~

こちらは東京の鍛冶屋さんが作った包丁。白紙鋼、青紙鋼などの種類により値段が分かれ、選べるようになっています。

絶対錆びないセラミックの三徳包丁

セラミックは焼き物の一種ですので錆びることはありません。また切れ味も悪くないです。素材は通常のセラミックとファインセラミックの2種類があり、より高価で上質なファインセラミックの包丁であれば良く切れそして切れ味が長続きします。

しかしセラミック包丁には注意しなければならない点が二つあり、まずは欠けやすいということ。水を切るために振ったりしない方が良いでしょう、シンクや食器に当たって欠けるかもしれません。また床に落とすのも厳禁です。 もう一つは研ぎにくいということ。素材がとても硬いためダイヤモンドシャープナーで研ぐ必要があります。 こういったデメリットはありますが、包丁を何本か揃えておいて状況に応じて使い分けるもの良いでしょう。

ファイン セラミック 三徳包丁 刃渡り18cm
価格帯¥30,000~

セラミックの包丁と言えば京セラ。その京セラの最高級モデル、ファインセラミックの三徳包丁です。


ファイン セラミック 三徳包丁 刃渡り18cm
価格帯¥4,000~

こちらも京セラのファインセラミック 三徳包丁。 好みの色が選べるようになっています。

通販で話題のストーンバリア三徳包丁

テレビショッピングなどでよく紹介されている最近話題の包丁です。 ストーンバリアコーティングという特殊コーティングが施されており、軽量で切れ味がよいというのが売り文句です。

スーパーストーンバリア 三徳包丁 刃渡り16.5cm
価格帯¥12,000~

刃がとても薄く、ハマグリ型に研がれている為切れ味が良いとの事。しかし切れ味が長持ちしない、錆びる、などの声もあり、今後一度詳しく検証してみます。 


三徳包丁のルーツ

三徳は日本で開発された日本オリジナルの包丁です。誕生したのは1940年代前後で、現代の日本人の食文化によくマッチした使い易い包丁と言えます。また海外へもSantokuという日本語のままの名前で輸出され、多くの人に親しまれています。

元々日本の台所で広く使われていたのは菜切包丁でした。菜切り包丁の誕生は室町時代と言われ、三徳が現れるまでの長い間主役の包丁でした。

この写真のように角ばった形をしており野菜を切るのに適しています。野菜中心の食生活ではこれで充分だったのです。

明治時代に入ると日本人も本格的に肉類を食べるようになり、この食生活の変化により調理道具も徐々に代わることになります。西洋からの食文化、調理方法と共に西洋式の包丁も輸入され、牛肉をさばくための包丁は牛刀と呼ばれました。

そして昭和初期には菜切包丁と牛刀それぞれの利点を活かした文化包丁が誕生します。これは菜切包丁の峰を斜めにカットし先を尖らせ、肉をさばくのに便利な形にしたものです。今も文化包丁、剣型包丁、切付型などという名前で存在しており、最近また人気が復活してきています。

この文化包丁をより使い易い形に進化させて出来上がったのが三徳包丁です。三徳の登場は1940年代前後と言われますが、今のように一般的になったのはもう少し後。数十年前まではお家に三徳ではなく菜切りがおいてあったという方も多いのではないでしょうか。

ここ数十年であっという間に広まり、今では日本の家庭で最も使われ、また世界的にも日本を代表する包丁として知られるまでに定着しています。