越前刃物の伝統工芸士、佐治武氏の鹿角を柄に使ったVG10ダマスカス三徳包丁 【品切れ】

品番 CS201 佐治作 黒ダマスカス三徳包丁 18cm

鋼材V金10号ダマスカス鋼
刃渡り約18cm
重さ約220g
鹿角
生産国日本

¥29,500(税込)

製品説明

包丁、ナイフコレクターの間でも知られる越前打刃物の巨匠、佐治武士さんによる三徳包丁です。手打鍛造の荒々しい質感を残したV金10号ダマスカスの刃身に、柄には研磨された鹿野の角を使用。芸術的でもある非常に手の込んだ一品です。

包丁の種類:三徳
三徳とは肉、魚、野菜に使える事を意味し、どんな食材にも使える万能包丁。一般家庭からプロの現場まで幅広く使われている日本で最も一般的な包丁です。

刃の素材:V金10号ダマスカス鋼
16層+16層の積層鋼の中心に硬質ステンレスのV金10号が入っています。ダマスカス包丁はとても人気がありますがVG10ダマスカスはその代表格。良く切れて錆にも強い。見た目の美しさも魅力です。

柄(ハンドル)の素材:鹿の角
鹿の角を使った柄は、象牙にも似た握り心地。※鹿の角は毎年生え変わるため動物虐待せず有効利用する事ができます。

包丁のお手入れ

  1. お手入れ・・・ご使用後は早めに洗い、布などで水分をふき取って保管下さい。
  2. 注意事項・・・硬いもの(骨など)や冷凍品を切ると刃が欠ける場合がございますのでお控えください。
  3. 包丁研ぎ・・・本来の切れ味を保つ為に定期的に研いでご使用ください。

送料・お支払方法につきましては、ご利用案内でご確認下さい。