切れ味で選ぶなら青紙スーパーの包丁がお薦め

本当によく切れる包丁をお探しなら青紙スーパーがお薦めです。これ以上に切れる包丁はないでしょう。しかし注意点もあります。こちらのページでは青紙スーパーの特徴~デメリットまで詳しくご説明していますので、包丁選びのご参考にして下さい。

また、ページ後半では青紙スーパーのデメリットをカバーしつつ青紙スーパーに近い切れ味をもつ「銀紙三号」という素材の包丁もご紹介しています。


青紙スーパーと銀紙三号、それぞれのお薦め包丁も掲載していますので、合わせてご覧下さい。

青紙スーパーとは

青紙スーパーは鋼材の名前です。日立金属で製造される最高級の鋼(ハガネ)で、切れ味が良く、そして切れ味が長持ちするのが特徴です。

包丁の素材にはステンレスとハガネの2種類があり、この内よく切れるのがハガネです。ハガネには白紙1号、白紙2号、青紙1号、青紙2号といった種類があるのですが、その最高峰に位置するのが青紙スーパー。青紙スーパーはこの中で最も硬度と耐摩耗性が高く、この「硬さ」と「耐摩耗性」が切れ味と長切れを生み出しています。

青紙スーパーのデメリットは

それは錆びるという事です。

  1. ステンレスの包丁は錆びにくいが、ハガネほどは切れない。
  2. ハガネの包丁は良く切れ、研ぎやすい。でも錆びやすい。

そして青紙スーパーはこの「ハガネ」に分類されます。ですので切れ味が良い反面、錆びやすいのがデメリットと言えます。

3層構造でデメリットをカバー

しかし今回おすすめする包丁は両サイドがステンレスで覆われた3層構造になっている為、切れ味の良さはそのままに錆びるリスクは抑えられています。

※それでも刃先は錆びますので、ご使用後は汚れを洗い落とし水分をふき取って保管下さい。

青紙スーパーのお薦め包丁

どれも切れ味抜群の青紙スーパー包丁です。各種ございますのでお好みでお選びください。

青紙スーパーの刃は切れ味抜群!表面の槌目は食材をくっつきにくくする効果も。ご家庭用、趣味の料理用としてちょうど使い易いサイズ、刃渡18cmの三徳です。
¥14,200(税込)


熱処理の工程で生じた黒色をそのまま活かし、美しく仕上げられた三徳包丁。刃渡り18cm、家庭用、趣味の料理用にちょうど使い易いサイズです。
¥15,200(税込)

青紙スーパーの刃は切れ味鋭く、また表面の槌目は食材をくっつきにくくする効果も。プロの料理人さんからも好まれる刃渡り21cmの牛刀です。
¥16,800(税込)


熱処理の工程で生じた黒肌をそのまま残して仕上げた人気のモデルです。味わいのある梨地仕上げ。プロの料理人さんからも好まれる刃渡り21cmの牛刀です。
¥17,200(税込)


こちらは槌目上げの菜切り包丁です。菜切りは主に野菜を切るための包丁ですが青紙スーパーですので切れ味抜群、お肉などでもスパっと切れます。
¥14,200(税込)

こちらは黒肌仕上げの菜切り包丁です。菜切りは主に野菜を切るための包丁ですが青紙スーパーの刃は切れ味抜群!お肉などでもスパっと切れます。
¥15,200(税込)

錆びにくい銀紙三号

あくまでも1番切れ味が良いのは青紙スーパーの包丁です。しかし「やっぱり錆びやすいのはイヤ」という方には青紙スーパーに近い切れ味をもつ銀紙三号の包丁もお薦めです。※銀紙三号はステンレスです。

高級ステンレス包丁であればどれでもある程度は切れるのですが、ステンレスとハガネでは基本的に切れ味の質が違います。ステンレスが滑りやすいのに対し、ハガネには食材に食い込むような(噛みつきなどとも表現される)切れ味があります。

そしてこのハガネのような力強い切れ味が銀紙三号の包丁にはあるのです。青紙スーパーと同じ日立金属で製造されていることもありステンレスでありながらハガネに近い性質を持ち、食材にザクリと食い込む切れ味を感じることができます。また研ぎやすいという点でもハガネの特徴に似ています。

青紙スーパーに代わるステンレス包丁としては銀紙三号の包丁がお薦めです。

銀紙三号のお薦め包丁

ハガネのような力強い切れ味をもち錆にも強い銀紙3号の包丁です。ステンレスの中では比較的研ぎやすいのも良い点。ご家庭用、趣味の料理用にちょうど使い易いサイズ、刃渡18cmの三徳です。
¥13,800(税込)


ハガネのような力強い切れ味をもつ銀紙3号の包丁。刃渡り18cmの三徳タイプが人気ですが、もう少し長めの刃が好みの方にはこちらの牛刀がお薦めです。
¥16,200(税込)

お問合せ

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

ビエント工芸・包丁ストア
〒505-0121
岐阜県可児郡御嵩町中2253-1
Tel : 0574-67-3781