越前刃物の伝統工芸士、佐治武氏による磨きVG10ダマスカス牛刀・マイカルタ柄 ¥32,500

品番 CS205 佐治作 磨きダマスカス牛刀包丁 21cm

鋼材V金10号ダマスカス鋼
刃渡り約21cm
重さ約340g
マイカルタ
生産国日本

¥32,500(税込)

製品説明

越前刃物の巨匠、佐治武士さんのダマスカス牛刀です。鍛造の刃を美しく磨き上げた「磨き」と呼ばれるタイプのダマスカス包丁で光沢があり何層にも重なった部分では滑らかな立体感も感じられ、精巧且つ芸術的とも言える仕上がりになっています。使い心地に加え美術品のような美しさも堪能できる特別な一品。

包丁の種類:牛刀
牛刀は三徳に比べ細身で刃渡りが長いのが特徴。プロの料理人に好まれますが、ご家庭用に使われる拘りのお客様も多くいらっしゃいます。三徳同様、一本あれば一通りの料理に使える万能包丁です。

刃の素材:V金10号ダマスカス鋼
16層+16層の積層鋼の中心に硬質ステンレスのV金10号が入っています。ダマスカス包丁はとても人気がありますがVG10ダマスカスはその代表格。良く切れて錆にも強い。見た目の美しさも魅力です。

柄(ハンドル)の素材:マイカルタ
木に近い風合いを持ちつつ、耐熱・耐水性に優れ、収縮、膨張がない。包丁やナイフに使われる高級素材です。

包丁のお手入れ

  1. お手入れ・・・ご使用後は早めに洗い、布などで水分をふき取って保管下さい。
  2. 注意事項・・・硬いもの(骨など)や冷凍品を切ると刃が欠ける場合がございますのでお控えください。
  3. 包丁研ぎ・・・本来の切れ味を保つ為に定期的に研いでご使用ください。

送料・お支払方法につきましては、ご利用案内でご確認下さい。